民間学童保育を利用すれば子供の能力向上も期待できます

民間学童保育を利用すれば子供の能力向上も期待できます

メリットたくさんの民間学童保育を利用しよう

遊具で遊ぶ

学童保育には様々な種類がありますが、大きく分けると公立学童保育と民間学童保育に分けられます。
2つの学童保育の違いはご存じでしょうか。
ざっくり説明しますと、公立学童保育は利用料が安く、利用できる時間が短いことが特徴です。
一方、民間学童保育は利用料は高いものの利用できる時間が長いことが特徴になります。
民間の利用料が高いことには理由があります。それは、サービスやプログラムが充実しているためです。
まず、多くの民間学童保育は、学校から施設までの送迎が付いているところがほとんどです。さらに、子供の習い事の場所までの送迎もしてもらえたりします。
また、施設には外部から講師を招き、直接指導してもらえるようなところもありますので、習い事をする必要がない場合もあります。
民間学童保育は、このような教育面を見てもメリットがたくさんあります。夏休みなどの長期休みには給食が提供されるところもあり、働くお母さんは大助かりでしょう。そして、利用時間にも特徴があります。多くの公立学童保育は長くても18時半までが限界ですが、民間学童保育の場合は19時までと公立に比べて長く預かってもらえます。施設によってはそれ以降も預かってくれるところもあり、仕事を早々に切り上げて急いでお迎えする必要もなく、とても便利です。
せっかく預けるのなら、メリットがたくさんある民間学童保育も考えられてみてはいかがでしょうか。

民間学童保育は働く保護者の味方

共働きやひとり親の家庭にとって、民間学童保育は非常に心強いサービスです。
特に子どもが低学年の時分には、学校が終わってから帰宅して一人で過ごさせることに不安を覚える保護者も少なくないでしょう。現代社会においては、災害や事件等、いつ何が起こるか分かりません。民間学童保育の指導員が子ども達を見守ってくれていることで、保護者は安心して仕事に打ち込むことができるのです。
子ども達にとっても、学年の異なる相手や家族以外の大人との関わりが得られる良い機会となるでしょう。集団での学びや遊びを通してさまざまな人間と交流し、学校教育の現場とはまた違った形での社会性を育むことが期待できます。
また、夏休みなどの長期休暇に対応している施設も多く、なかなかまとまった休みが取れない保護者にとってはありがたい存在とも言えます。一日を過ごす中で、近場の公園に出向いてレクリエーション活動を行なったり、経験豊富な指導員がいれば昔ながらの伝統的な遊びを教えてくれたりする所もあります。
女性の社会進出が増えて久しい昨今、民間学童保育は子育てをしている家庭とは切っても切れない関係なのかもしれません。我々の未来を担う子ども達を、そしてその家族を社会全体でサポートしていける仕組みが、現代を生きる上で必要不可欠なのです。

民間学童保育の教育指導で学習遅れの不安を解消

学童保育を利用している親にとって悩みのひとつが学習の遅れです。
学校が終わってからの家庭学習や塾通いで着実に学力を伸ばしている子どもの存在を耳にすると、学童保育で預けている間に後れを取ってしまうのではないかと不安になってしまうことでしょう。預かり時間は数時間ですがそれが数年続くとなればトータルの教育時間には大きな差がでてしまいます。学力の違いが学童保育のせいとなると親としても責任を感じてしまいます。
子どもにはきちんとした教育環境を整えてやりたいというのが親心ですが、現実的に共働きで時間がない状況ではそう簡単に行きません。早退して塾に通わせるのは現実的ではありませんし小さな子供にひとりで留守番しながら自宅学習しろというのはあまりにも酷です。
子どもの学習の遅れが気になるなら教育サービスの行き届いた民間学童保育の利用を検討してみてはいかがでしょうか。公共学童保育では子どもを預かるのみですが、民間学童保育の中には塾のように丁寧な学習指導をしてくれるところがあります。預かり時間を学習時間にあてられれば学習の遅れを気にする必要はありません。民間学童保育の指導により学習に遅れを生じさせてしまう恐れがなくなれば親としても安心して子どもを預けられます。

Pick Up

笑顔の男女

教育サービスの充実した民間学童保育で時間を有効活用

民間学童保育を考える上でさけて通れないのが教育の問題です。 幼児教育が盛んに叫ば…

MORE ▶

おもちゃで遊ぶ

多くのサービスを受けたいなら民間学童保育を使ってみよう

公的な学童保育よりも多くのサービスを受けたいなら民間学童保育に注目しましょう。民間学童保育では…

MORE ▶

絵を描く

教育サービスの充実した民間学童保育が人気

公共学童保育と民間学童保育の違いのひとつが教育に対する姿勢です。 公共学童保育は…

MORE ▶

工作をする

レベルを確認して民間学童保育を選ぶこと

英語学習などの教育に注目しているなどの理由から、民間学童保育の選択を検討している方も多く見られ…

MORE ▶